経営事項等評価審査が平成30年4月1日改正施行されます。

国土交通省事務取扱通知文

通知文によりますと、今回の改正は、「社会保険未加入企業や法律違反等への減点措置を厳格化、防災活動をしているところへ加点増、建設機械の保有状況の加点方法の見直し」です。

  • 社会性等の評価(W点)が改正前はマイナスになっていた場合、0点を最低点としていたが、改正後はマイナスの点数をそのまま反映しますので、マイナス評点はW点を大きく引き下げることになります。
  • 防災協定を締結している場合の加点が15点→20点にアップ
  • 少ない台数でも建設機械を保有している業者を高く評価することになります。(今までは、1台1点でしたが、今回は1台でも保有していれば、5点加算されます。今までの5倍)ただし、最高点(15点)は変わりません。
  • 営業用の大型ダンプ車両が評価対象となります。ただし、車検証備考欄の表示番号の後に(建)と記載されていることが必要などの条件があります。(参考資料